2008年09月04日

商品化で期待されている新素材「オリゴノール」

長崎大が、北海道札幌市のアミノアップ化学らが共同開発した健康食品素材「オリゴノール」
長崎大が、北海道札幌市のアミノアップ化学らが共同開発した健康食品素材「オリゴノール」が国内外で商品化され、注目されています。

健康維持効果があるポリフェノールの生体吸収、活性を世界初の技術で高めたもので、長崎大大学院医歯薬学総合研究科の田中隆准教授のアイデアを基に商品開発されました。

生体吸収、活性の高い低分子ポリフェノール
ポリフェノールは赤ワイン等に含まれ、健康への効果が広く知られていますが、一般的に分子量が大きく、生体に吸収される割合が低いという問題がありました。
田中准教授は、その高分子ポリフェノールを生体吸収、活性に優れる低分子に変換する事に成功しました。
安全性の高い成分を反応させる世界初の手法で、高分子を断片化させ、低分子化に成功しました。

10年以上の研究の末、商品化
田中准教授は、10年ほど前から研究に取り組み、2004年に実用化のめどが付き、その後、アミノアップ化学がライチの果実を原料にした新素材「オリゴノール」の臨床試験を重ね、2006年から商品化しました。
研究開発した3者で国内特許、国際特許を申請し、現在日本、米国、韓国の計8社が健康食品等として販売しています。

抗老化、抗酸化に期待。メタボリック症候群改善も
一般のポリフェノールは抽出物における生体活性に有効な成分の含有率は10%に満たないといわれていますが、「オリゴノール」は約40%まで有効成分の含有率を高めています。
「オリゴノール」は、幅広い抗酸化、抗老化作用が期待され、またメタボリックシンドロームの改善効果も報告されています。

機能性食品国際展示会で大賞を受賞
研究開発は、昨年2007年11月の「第3回ポリフェノールと健康国際会議」の機能性国際展示会で大賞を受賞し、近年各種学会で取り上げられています。
田中准教授の研究論文は、2月の日本食品化学学会誌で紹介されます。

田中准教授は、『研究成果が実り、社会貢献ができてうれしい』と話しておられます。

長崎新聞 2008年1月18日(金)の紙上から抜粋させていただきました。
posted by オリゴノール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | オリゴノール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

脂肪の蓄積抑制 

アミノアップ化学、他1社の共同研究で、ライチ由来の低分子化ポリフェノール「oligonol(オリゴノール)」が、ラット由来初代内臓脂肪細胞を用いた実験モデルで、善玉アディポネクチンの産生を促し、過剰な脂肪蓄積を抑制することを証明し、『第28回 日本肥満学会(2007年10月19〜20日開催)で発表されました。

試験では、ラット由来の腸管膜内臓脂肪前駆細胞に「oligonol(オリゴノール)」を添加したものと、そうでないものとで比較した。

通常の脂肪前駆細胞は、培養に従い、細胞内に脂肪滴を蓄積しながら肥大していくが、「oligonol(オリゴノール)」を添加した細胞においては、対象群と比較し肉眼的にも脂肪滴の蓄積が抑えられ、細胞あたりの中性脂肪量も有意に低下していたそうです。

この時、培養液中の脂肪細胞から分泌されたアディポネクチン濃度を測定したところ、有意な産生増大が認められました。

このアディポネクチンは、脂肪細胞から産生され、脂肪の代謝を正常に維持する善玉アディポカインとして知られています。

これらの結果から、「oligonol(オリゴノール)」は、メタボリックシンドロームと深く関わっている内臓脂肪の過剰な蓄積を強く抑制する効果が期待できると考えられ、現在臨床試験での評価が検討されています。
posted by オリゴノール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オリゴノールのマウス実験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

オリゴノールで疲労回復

高い抗酸化力を持つライチ由来の低分子化ポリフェノール『オリゴノール(Oligonol)』に関して、帝京大学、杏林大学、アミノアップ化学の研究グループによる、マウスでの動物実験と、大学陸上選手を対象にした臨床試験の疲労回復作用について、第10回日本補完代替医療学会および、第18回日本臨床スポーツ医学会で発表が行われました。

マウスによる動物実験では、『オリゴノール(Oligonol)』を与えたグループ(マウスの重さ1kgに対して50mgを1日分の餌に混ぜ与える)と、与えなかったグループ(コントロール群)に分け、これら2グループのマウスに強制水泳による疲労を与えました。

結果、コントロール群と比較して『オリゴノール(Oligonol)』を10日前から与えたグループでは、疲労度の増加が軽減されました。
また、血中抗酸化能の低下や過酸化脂質の増加が『オリゴノール(Oligonol)』投与によって改善しました。


次に人での臨床試験において、18歳から22歳までの男女47名の大学陸上選手に『オリゴノール(Oligonol)』を(1日200mg)を26日間使用してもらい、疲労感、疲労回復、筋肉・関節の痛みについてのアンケート調査を行ったところ、『オリゴノール(Oligonol)』によって、これらが改善されたという結果が得られました。


以上の事から、『オリゴノール(Oligonol)』は、運動による血中酸化ストレスの増加を抑え、披露を軽減することが示唆されました。

※上記、記事は、「第10回 日本補完代替医療学会」および「第18回 日本臨床スポーツ医学会」において発表された資料より引用いたしました。
posted by オリゴノール at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オリゴノール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。